タックルについて 仙台湾カレイ・五目



<<タックルについてTOPへ

仙台湾といえば、大型漁礁でのカレイ釣りを思い浮かべる方も多いだろう。

そのほかにも、おいしいポイントはたくさんある。

タックルそのものは、

松島湾一帯のアイナメ・ベッコウゾイ・カレイなど(参考)タックルと重複するところもある。



使用するオモリは40号である。

乗合船では、多くの釣り客が乗船するので、オマツリ(他の釣り人と仕掛けが絡むこと)

を防止するために、使用するオモリの重さを統一して釣りを楽しんでもらうのである。

ロッドはもちろんカレイ竿をススメル。

メーカーによってデザインもガラット異なるし、値段もさまざまである。

自作する人も多い。まずは基本スペック重視で、予算と相談するしかない。

ショートロッドといわれる1,5Mのものから1,8Mくらいまでが扱いやすい。

オモリ負荷は、〜40号、50号表示のものが大半。

狙う水深が深くなる分、オモリが重くなったと思えばいい。

今後、釣行回数が増えいろいろな船に乗ったり、ベタ凪やウネリに見舞われたり

しているうちに、必要と感じるロッドの長さや調子が出てくるだろう。



リールもベイトタイプにPE2〜3号を100〜150Mの組み合わせで。

道具や仕掛けなどそろったら、釣りに出かける。

乗合わせた隣人がいっぱい釣っている場合、釣り方や使っている道具類

小物類が使いやすそうに思ったら観察すればいい。

ウチに乗船する場合は、わからないことは何でも聞いてもらえばOK。

疑問は船長に聞いてもらえばいいのです。

次回の釣行に向けての参考になるはずだ。