タックルについて ソルトフライのロックフィッシュ・フラットフィッシュ



<<タックルについてTOPへ


陸ッパリで港湾や漁港、サーフ、磯からソルトフライを楽しんでいる方も多い。

今現在、使用しているタックルがあるなら、それで構わない。

海上はいつも風が吹いているものと思って間違いない。

一方、ボートをコントロールしていても絶えず風や波・潮流の影響を受けている。

フックアップした魚が深場や根に潜り込むことも考慮したい。

思いがけない、大物ロックフィッシュに対応できるタックルが安心である。


そんでもって、まずはロッド。

感覚的にいうなら、ハリのある#8〜#10をお勧めする。




メーカーによっても、ロッドの味付けや感覚的な硬さや重さなど様々だ。

ロックフィッシュハイシーズンのドシャロー狙いであれば

フローティングラインでも楽しめるのだが、そんな場面は少ない。

状況も限られる。

理想は、海底にある岩場や根ギリギリをなめるように狙いたい。

各シンクレート別に、ラインをそろえておけば幅広く探れる。

この釣りには、シンキングラインといって水に沈むフライラインを使用する。

ラインのタイプによって、沈下速度がいろいろあり、狙いたい水深や

釣りのしやすさを考えてラインを使い分けることが可能となる。

STタイプ2、3、4など使用頻度は高い。

450、550グレインなども使いやすい状況もあるし

タイプ8が使いやすいといっている人もいる。

手持ちのカードは多いほうが有利でしょ?

重いラインでも扱える、パワーのあるロッドがこの釣りには向いている。

多少の強風にも対処できて、ストレスなくキャスティングできる。

ビギナーでキャスティングに自信のない人でも恥ずかしがることはない。

場数であって、慣れりゃどうってことなくなる。すぐにウマくなるよ。

ロングキャストなんて必要ない。

それより大事なことは、必ず底をとることである。

根掛かりも多い釣りになるが、そんなところにしかいない魚である。

だからこそ、ボートフライでロックフィッシュを釣り上げることに価値がある。

タックルの選択によって、釣りの効率や快適度は変わってくるのである。

持っている人はもちろん、これからソルトフライを始めようとしているなら

この番手のロッドは守備範囲が広く、手に入れて損はしないだろう。

#8ロッドなら、ロックはもちろんシーバス、サバやイナダ、シイラ(小型)、クロダイにも使える。

夏場などには、ヒラメやマゴチなどのフラット狙いにも問題ない。

#10ロッドでも同様に遊べる。

デカシーバス、大型シイラを狙ってのキャスティングゲームなどにも対応。

あとは、ターゲットやその日の状況によって使い分けることのできるラインの

バリエーションを、お財布と相談しながら増やしていくだけである。











お次はリール。



これは、こだわればキリがないもんだ。

一流メーカーの最高級のものをコレクションしている人もいる。

実用的なものから、芸術の域に入るものまで様々・・・。

最近はロッド同様、ソルト用のものも多くなってきている。

価格も手ごろになってきた。

軽くて丈夫、シンプルなモノに越したことはない。

使用するフライラインの番手に合わせて購入する。

クリックドラグのもので十分である。

この釣りではバッキングラインの出番はほぼないが、

ほかの釣りにも使うであろうから、150Mも巻いておけば十分だろう。


そんなところを押さえておけば、ロック・フラット用タックルはOK。