タックルについて 松島湾一帯のアイナメ・ベッコウゾイ・カレイなど



<<タックルについてTOPへ

アイナメやベッコウゾイ、カレイは誰でも釣りたいと思う魚種である。

釣り味もいいし、食べてもうまい

季節や状況によってアイナメ、ベッコウゾイなどの根魚やカレイなどの底物を狙うポイントは変わる。

水深もボートが入れるギリギリの超浅い場所から、そこそこ水深のある沖根周りでじっくり粘ることもある。

しかも、根のきついポイントばかりを周るので、根掛かりはつきものである。

そういうところをあえて狙う釣りであるが、結構〜この釣りにハマル根魚ファンは数多い。




水深が10M以浅なら、ミディアム〜ミディアムヘビークラスの
バスタックルも流用可能。ラインはPEがお勧め。
使用後は真水で洗ってね!!



浅場が絶好調なときはいいのだが、不調なときは水深のある沖根へ出ることとなる。

深い場所になると、それなりに向いているタックルってもんがほしくなる。

沖に出ると水深は深くなり、時間によって潮の流れが早かったり、複雑になったりもする。

必ず、仕掛けを底に落とさなければ釣れない。

しっかり仕掛けを底に送るために、使うオモリも重くする。

10・15・20・25・30号くらいまでは準備したい。

中でも使用頻度が高いのは、10〜20号である。

ロッドは、各釣具メーカーからカレイ釣り専用竿みたいなフレーズで出ている。

メーカーにもよるが、大型漁礁のアカジガレイ(マガレイ)釣り専用のロッドではちょっと硬い。

根魚のアタリをはじいてしまうことが多い。

今ある市販のもので松島湾一帯の根魚五目に向いていると思うものも何本かあるのだが

D社のカレイロッドで1.5M オモリ負荷が10号〜に該当し、黄色いヤツが使いやすい。

好みもあると思うので、ここら辺のアクションを参考にされれば、いいものが見つかるだろう。

アイナメ・ソイ・イシガレイ・マコガレイ・ナメタガレイ・ヒラメ・マゴチ・時にはハゼなどにも

幅広く使える1本で、松島湾内から一帯までこなせるものである。

そこら辺が目安である。


この釣りには、各メーカーから発売されている
“専用”と称されるロッドのほうが使いやすい。



専用と称されるロッドのほうが使いやすい理由は、

軽い・感度がいい・疲れにくい

その他
(今後、大型の乗合船で漁礁にも使えるとか、
三陸方面にカレイ遠征に行きたい場合にも使える。
見ているだけでやる気がみなぎる。
見た目かっこいい、釣りがうまそうに見えるなどいろいろ。)


海底は泥や砂だけでなく、根一帯や岩と海草・岩盤など点在する場所がわんさとある。

狙う水深が深くなればなるほど、手元から魚までの距離が離れることになる。

魚のアタリなのか、はたまた根掛かりしているのかわからない状態に陥る。

よって、軽さと感度の良さがものをいう。

グリップが長めで、仕掛けを回収するときにひじにあててサポートできるので

手首にかかる疲労や負担から開放される。

デカイの釣れるかもしれないしね。

この差は大きい、ひたすら大きい・・・。

その昔、グリップの短いロッドで一日中カレイ釣ってたら、手首が腱鞘炎チックになるわ

肩はこるわで、翌日寝違えたようになっちまった経験から言うのです。



リールについては、これらのロッドに合わせるとベイトタイプになる。

実際に釣りをしてみるとわかるのだが、常に底をとるような縦型の釣りには断然このタイプに分がある。

イメージすると、海の底に丘や山脈がある。谷もある。水深は一定ではない。

水深に合わせて、ラインを出したりチョイと巻いたりすることも釣果に差が出ることになる。

根掛かりを恐れずに、常に底をとっているかどうかがカギである。


ベイトリールにPEラインの組み合わせがベスト。
クラッチの操作やチョイ巻きが片手でできる機種も使いやすい。



ラインはPEラインと呼ばれる、伸びがなく感度の良い特性のものを巻いてほしい。

リールのラインキャパシティーに応じて、2〜3号を100〜150M準備できれば完了だ。




あとは、仕掛けやオモリ、スペアのハリなどを
多めに準備して 乗船するだけ である。