松島内湾のハゼつりタックル



<<タックルについてTOPへ

パックロッドでも、ワンピースロッドでも2本継ぎでもなんでもいい。

押さえておきたいのは、オモリ負荷が5〜15号くらいまでの範囲のものがシーズン通して使いやすい。

最盛期は浅場がメインになるし、潮の流れや波も穏やかなポイントにいるのがハゼなので、

ルアーフィッシングを経験したことのある人なら

天秤仕掛けにこだわらずに、スプリットショットリグやダウンショットリグなど極軽い仕掛けで

ゲーム感覚に釣ることもできる。

トラウトロッドやライトアクションのバスロッドなんかがピッタリはまる。 HAZE GAMEとなる。




6〜6.5ft のウルトラライトなスピニングタックルで最盛期のハゼと遊ぶ。
オモリは3〜5号ほど。天秤仕掛けはもちろんだが、ゲーム性を求めるなら
スプリットショットリグやダウンショットリグ風にルアーゲーム感覚で遊べる。




6〜6.5ft のミディアムクラスのベイトタックルで晩秋から深場の落ちハゼを狙う。
これも天秤仕掛けで十分だが、中通しオモリを使用してキャロライナリグ風に遊べる。
オモリは5〜15号程度で十分。バスタックルが意外に使いやすかったりもするんだ。



上記はあくまで一例だが、磯竿を使用して釣り味重視や、広範囲を探る釣り方などもあり

釣り人によって楽しみ方やこだわりがあったりもする。

最盛期のハゼつりは、道具に神経質になる必要もなく楽しめる。

晩秋から初冬になると、徐々に深場の釣りになるのでそれに合わせて使うオモリも重くする。

10〜15号のオモリ負荷にあったものが使いやすく、疲れない。

ロッドの長さは、1.5M〜長くても1.8Mくらいまでがボート上では使いやすい。

そんな手持ちのタックルがあれば、まずはそれで遊んでみることだ。

物置などで眠っているタックルがあれば、また陽の目を見るチャンスである。

タックルをこれから買う人も、ボートフィッシングに限らず陸っパリでも応用範囲が広い。

堤防でも使えるだろう。1セット持っていても損はしないと思う。

ホームセンターで¥1,000くらいで売られているセットものから

ロッドとリールで10万円を大きく超えるものまで様々である。

あとは、予算やスタイル・好みに合わせて選択すればいい。

道具の値段に比例して魚が釣れる訳でもない。

まずは、足繁くフィールドに繰り出すことである。

釣行回数が増えてくると、自然に腕も道具もステップアップしていくものである。

リールについては何でもいい。

3号程度のナイロンラインが100M巻けるものであれば上等、上等。

スピニングでもベイトでもお好みで問題ない。

ただし・・・、ベイトロッドにスピニングリールの組み合わせはやめましょう。
(逆もまた 然り・・・。)

身近でお手ごろなハゼつり。でも奥が深〜いハゼつり。



老若男女問わず

松島湾内で誰でも気軽に楽しめる 釣り である。