魚種別攻略法 エサ釣り カレイ



<<魚種別攻略法TOP



宮城のカレイ釣りと言えば、仙台湾大型漁礁周辺を思い浮かべるだろう。

身近な松島湾周辺でもマコガレイやイシガレイ、時にはナメタガレイも釣れる。

絶対数は少ないが、思いがけない大物も潜んでいるのである。



【カレイシーズンについて】

松島湾内のカレイ釣りベストシーズンは例年5月から11月一杯である。

身近なポイントでイシガレイやマコガレイを楽しめる。

夏場や秋にさしかかると、ハゼも狙いながらの五目釣りが楽しめ

釣果に賑わいを見せる。

この時期は、初心者やファミリーでも比較的簡単に釣ることができる。

気候にも恵まれ、日本三景松島のグッドロケーションの中での釣りは

波も穏やかなエリアで最高である。

12月以降になると、松島湾周辺へと足を伸ばせば年末年始にかけて

根魚を釣りながらナメタガレイも狙える。

数は少ないのだが、産卵がらみの一時期だけ50cmを越える大型も狙える。

ポイントやエリアは変わるが、季節によっていろいろなカレイを楽しめる。




【釣り方について】

カレイの種類によって、好む生息域や水深は異なる。

大まかにいうなら、砂地・砂地と泥底・砂地メインの岩場あり・岩場メインの砂地など

エリアによる住み分けや、時期などもある。

ポイントには船頭が連れて行くので心配しなくていい。

種類は違っても、砂に潜って目だけ出していたり、底にへばりついていたり

悠然とヒラヒラ泳いでいたりもする。

なので、この釣りもまた底をしっかり取ることが大切となる。

底を取れるか取れないかは、釣れるか釣れないかに匹敵する。

これ大事ね。

季節や状況によって狙う水深・ポイントは変動するのだが、

松島の内湾の場合は浅いところがほとんどである。

深くても10メートル台なので、底を取る感覚もさほど苦労せずに

マスターできるだろう。特に問題ないはずだ。

で、その日その日で一番確率の高いであろうポイントに到着したら、

仕掛け投入。オモリが底に着いたり離れたりしている感覚をつかむべし。

なんとなくでもわかればカレイへの道が1歩近づく。

オモリをトントン底に着けたり少しだけ離したりするイメージ(コヅクという動作)で

カレイを誘う。

アタリがあれば、何か手元に違和感を感じるだろう。

実際に乗船し、一緒に釣りをしてみればわかる。



【エサについて】

アオイソメで、新鮮なアオイソメで。
根魚なんかも狙いたいなら、イワゴカイも準備すれば万全。



【仕掛けについて】

むしろ、最初は出来合いの仕掛けを勧める。

これも、釣行回数を重ねていくうちに自作したくなるだろう。

自作した仕掛けで釣ると、喜びも増す。

市販品でもこれほどバリエーションに富んだ仕掛けが用意されているのは

カレイのほかはないだろうってぐらい豊富にある。


釣具屋にいけば、カレイ仕掛けや用品の占めるスペースは大きい。
自分の好みで選択すればいいだろう。


こだわり始めると、いっそう面白く奥が深い釣りであることがわかるだろう。

2本バリ、3本バリ、4本バリなんかも売っている。

4本バリなんて、エサつけるのめんどくさくて使わないけど・・・。

2本バリ〜3本バリ辺りが、効率面でも使いやすいと思う。

幹糸6号、ハリス3号、ハリのサイズは11〜12号程度になる。
(ハリはメーカーによってL〜2L表示)

オモリは松島湾周辺なら、5号から20号くらいまでを5号刻みで準備。

これも、乗船する際にあらかじめ問い合わせてもらえば

時期やポイントにあったものを的確にアドバイスできる。


実は、ハリとオモリと天秤1個ずつあれば、釣りになる。

ハリスの長さや、ちょっとしたことだが手を加える。

見た目、あえて素人チックな仕掛けで、おれは十分釣っている。

子供でも真似できる仕掛け、それで釣ってみせる。

同じようにして、皆さん結構釣っている。

シンプルな方が、かえって良く釣れるときも日常茶飯事である。


必要最小限の小物類(船長私物)
内湾の釣りでの出船は年間通してこんな感じ。
下の段には、状況に応じてオモリは5〜25号を数個ずつと、
ハリ数種類、ハリス2.5号75M巻、予備テンビン、蛍光ビーズなど。




季節とポイントが合えば、ナイスサイズのいろいろなカレイが楽しめる。